はがない8巻をようやくGET

769.jpg

会社帰りにようやく先月末に発売したはがないの最新刊(8巻)を買ってきた。
まだ全然読んでないし、暫く読む時間取れないかもしれないけど、帯の文面から察するに理科と友達になるとかそういう流れの予感・・・・

さて、また暫く更新していなかったので近況を。
①とりあえずボーナスシーズンの仕事がかなりハード
②今期のアニメはまだ「人類は衰退~」「ソードアート~」「貧乏神が~」「恋と選挙~」しか見てないけど、ソードアートと貧乏神は面白い。
特に他作品のパロディが多い貧乏神が予想外にかなりはまった。
人類は衰退しました はかなりシュールな感じで見る人選びそうね・・・すいません脱落しそうなんですがww

あと、恋と選挙もなんかイマイチ

他がどうなるか見てみないと分からんけど、今期はハズレか!?と今のところ思ってしまう感じかな

僕は友達が少ない 8 (文庫J)僕は友達が少ない 8 (文庫J)
(2012/06/22)
平坂読

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本!!
ジャンル : 本・雑誌

CLAYMORE&緋弾のアリア

最近更新が滞っており申し訳ない。
決算月の影響の為仕事が忙しく、中々更新出来ないっす。

あと、ゲーム(ペルソナ3)の影響ねw
ペルソナ3はとりあえず1週クリアしたけど、深層モナドで鍛えて行ったらラスボス余裕でした。
アイテム消費一切無しで勝てたし、正直期待ハズレ
まぁ前も言った通り曲だけは最高にカッコイイけどね!!

深層モナドのエリザベスさんには結局1週目では勝てなかったので、次週に持ち越し。
マーガレットよりこいつのほうが数倍危険な気がする(1人で挑まなきゃいけないというのもあるが)

で、話は変わって昨日はCLAYMORE22巻、アリア11巻、12巻をゲットしてきた。
アリアはまだ11巻しか読んでないけど、表紙は理子なのに理子の出番が少ない気が・・・
主にかなめ(ジーフォース)メインの内容だった
相変わらず面白いので12巻も楽しめそう。

CLAYMOREはほぼ全てがバトル展開で、表紙になってるカサンドラの他ロクサーヌ、ヒステリア中心の話。
こいつら過去の世代の戦士なんだけど、現役世代が弱すぎるだろ・・・
普通徐々に強くなっていくのがこういう漫画の定番な気がするけど、CLAYMOREに関しては世代が新しくなるごとにメンバーが弱体化している気がする。

またここ3~4巻主人公のクレアが出てないんだけど・・(汁)
※この漫画、月刊誌掲載の為半年に1冊のペースでしかコミックは出ない。
その為2年近くクレア見てない気がする

755.jpg

まぁ、色々愚痴ったけどアリアもクレイモアも面白いので皆さん興味があれば手に取ってくれ。
しかしCLAYMOREも連載から10年かー(しみじみ)
CLAYMORE 22 (ジャンプコミックス)CLAYMORE 22 (ジャンプコミックス)
(2012/06/04)
八木 教広

商品詳細を見る

緋弾のアリア (12) (MF文庫J)緋弾のアリア (12) (MF文庫J)
(2012/05/24)
赤松中学

商品詳細を見る

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

nauribon氏のイラストに釣られ「鳩子さんとラブコメ」を買ってきた×2

鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)
(2012/02/18)
鈴木 大輔

商品詳細を見る


713.jpg

この間買うか迷ってると記載した鳩子さんとラブコメだけど、結局今日会社帰りに池袋で買ってきた。

最初はとらに向かい、そこで1冊買い特典としてブックカバーを頂く。
本当はそこで終わる予定だったのだが、そのままゲマズに向かい2冊目を・・・
だって特典あるんだもんw

あ、「お兄ちゃんだけど~」の新刊もあったけど これは華麗にスルーで^^;

流石に3冊目としてアニメイトには行かなかったが、ワンダーGoo含め全部買ってる人とか居るんだろうなぁ。
高い買い物ではないけど、2冊あれば十分です。

内容も「お兄ちゃんだけど~」の主人公みたいにキモくないみたいだし、中々面白そう。
何より何回も言ってるけどかなりnauribon氏の絵が好み。
例の如く、メインヒロインであろう鳩子より杏奈のほうが好みなんだけどねー
なんか貧乏verの星奈って感じだわ。

皆さんも機会があれば手に取ってみてくれ。

1巻からちゃんとラノベを買うのって初めてなので、これが将来アニメ化とかしたら嬉しいかもな。
(いつも後だしなのでねw)

テーマ : 鳩子さんとラブコメ
ジャンル : アニメ・コミック

鳩子さんとラブコメ ってどうなんだろう?

鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)
(2012/02/18)
鈴木 大輔

商品詳細を見る


タイトルの通りなんだけど、↑の作品「鳩子さんとラブコメ」がちと気になってる。
著者の鈴木大輔氏は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば~」も手がけていて有名だけど、この作者の作品は一切読んだ事無いんだよねー

大して高い買い物でもないし、試しに買ってみようかな。
実は作品の中身よりも、絵に惹かれたんだけどw

ラノベって内容も大事だけど、挿絵担当が誰になるかも重要だと思うのは俺だけだろうか?

ところで、上記で記載したお兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっの公式サイトがOPENしてるみたいなんだけど、これはアニメ化って事なんだろうか?
義理の妹設定みたいだけど、やはりブラコンは受け付けない・・つーか俺個人としてはありえない

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

僕は友達が少ない 1巻~7巻まで読み終えたので感想とか

670.jpg

僕は友達が少ない(はがない)の原作を数日前に全部読み終えた。
巷で言われている通り非常に読みやすく、良くも悪くも漫画感覚で読めた

感想は色々あるんだけど、それぞれのキャラの印象を

・夜空
序盤の巻では決して表には弱みを見せない夜空だが、巻を重ねるごとに痛い内面が・・・
この子の負のオーラ半端ないっす
星奈に対して「貴様さえ居なければ」と言ったり、盗作だったり、脚本を改変して幸村の出番を思いっきり減らして小鷹を優遇したりするところは本当に痛々しい
これが人気が無い要因になっているのかもしれないが・・・

特に上記の貴様さえ~の場面は星奈が夜空に対して(深層では)親友だと思っているにの対し、言っちゃ駄目だろうと思った

特に6巻あたりから理科やら、今までは攻める側だった肉からも攻められるようになってきているので、痛い夜空を見たい方は是非
672.jpg

また、序盤は星奈が夜空に言い負かされ「夜空のあほー!」ていう展開がお馴染みだったが、7巻になると立場が逆転してきておりこんな感じにw
674.jpg

これも個人的趣向だが、ショートの夜空のほうが断然好きでゲソ

・星奈
夜空とは逆に物語が進むに連れ前向きな良いキャラになっている気がする。
自分の運命は自分で掴み取る という意思がかなりあるようで、ライバルである夜空にも負ける気がしないと言ってたトコなんか、かっけぇなぁと思った
「そんな昔のこと、今はどうでもいいでしょ?」
673.jpg

ただ、小鳩を異常に可愛がるところや、エロゲー好きなところはドンドン酷くなっているようだがw

夜空が小鷹が居なくなると死んでしまいそうな感じに対し、星奈は1人でも何とかなりそう。
それでもやはり小鷹×星奈を切に望むが。
本当の親友→夜空
恋人→星奈 
でええやん。

・幸村
序盤は男キャラのはずだったのだが、途中から女と判明^^;
作者の都合で性別が変わってしまったのか?

また、幸村も小鷹が好きみたいだが、そういった経緯が分かる描写が無く 正直「?」な部分も
まぁ幸村自体が不思議キャラなんだけどさ

バカテスで言えば秀吉のポジション?

・理科
序盤こそ只のエロキャラかと思っていたが、途中からそれは表面上だけであって、実は色々考えているキャラクターだと判明。
読んでいても分かったけどさ。
多分、それぞれの隣人部メンバーの考えを一番理解しているのは理科なんだと思う

あと、後半小鷹を意識される為に色々髪型を変えているけど、理科ってこんな可愛かったっけ?^^;
671.jpg

7巻で禁断の扉を開いた理科
はたして小鷹はどうするのか

・小鳩&マリア
この二人は恋愛関係とかの話は全く無いけど(当然か)二人揃ってギャーギャー騒いでいるところが面白かった。

・小鷹
7巻で理科にも突っ込まれていたけど、他のメンバーの気持ちを本当は理解しているのに、今の関係を崩したくがない為に「何だって?」と逃げる描写には少々イライラした。

まぁ、良くも悪くも理科が読者の代弁をしてくれた形になっているので、8巻でどう物語が進行するか楽しみだけど これで(夜空か星奈で)決着が付くと はがないが終わる可能性もある。

序盤でひたぎとくっついて、その後から物語が進んだ化物語のような事例もあるけど そういう作品って異色なのかな?なんて。

早く8巻が読みたいが、去年の俺妹もアニメ化やゲーム化があって8巻の発売遅かったし、今回も同じような感じになるのかな。
小鷹の家が各地を転々としていた設定だから、ラスト引越し展開みたいのは最悪。

・・てか引越しENDとかだったらブチ切れるなw
(流石にありえないだろうけど)

そういやぁ俺妹でも黒猫が引越したな(遠い目

テーマ : 僕は友達が少ない
ジャンル : アニメ・コミック

何も言わずに買いましょう
アニメ「とらドラ!」のBlu-ray化が2011年12/21に決定!!
2008年10月~2009年3月まで放送されていた「とらドラ!」 笑いと感動で心を揺さぶられる事間違い無し。 ラブコメアニメが好きな方も、そうでない方も、見れば必ずハマる作品です。 ご覧になっていない方は是非、竜児のカッコ良さに燃え、大河の可愛さに萌えて下さい! そしてBlu-rayを買いましょう^-^
プロフィール

ざっきー

Author:ざっきー
1983年 5/26生まれ

プチ?オタクです

最近はアニメ「とらドラ!」にはまっています。
今まで見たアニメで最高に好きな作品

他にも好きなアニメは多数ありますが、上記の他にWORKING!!、俺妹、ガンダム等好きな人絡んでくれるとウレシイかも

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
2009/6/13~の訪問者様
ブロとも一覧

SPmatchの気ままなアニブロ

音楽とマンガとワタシ。
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード